シェアリングエコノミー

シェアリングエコノミーとは、インターネットを介してあらゆる資産を貸し借りすることによって生まれる経済圏・経済循環を意味する。
自動車や物件などのモノ・空間に加え、スキルなどのバーチャルな資産をシェアできるサービスも次々と登場している。

ライドシェアアプリ「Uber」や宿泊プラットフォーム「Airbnb」が世界規模でサービスを展開しており、シェアリングエコノミーという概念そのものを普及する役割を果たしてきた。クラウドソーシングやクラウドファンディングなど、オンライン取引の円滑化がさまざまな領域におけるシェアリングビジネスを加速させている。

統計データ

中国 シェア自転車 利用者数(億人, 2016-2019)
日本 自動車アフターマーケット 市場規模(兆円, 2016-2018)
日本 貸し会議室 市場規模(億円, 2013-2017)
日本 法人型カーシェア市場予測(万台, 2018-2024)
日本 空き家数予測[種類別](万戸, 1978-2033)
アメリカ ライドシェア 市場規模(兆ドル, 2015-2030)
日本 カーシェア 車両台数(万台, 2002-2018)
日本 カーシェア 会員数(万人, 2002-2019)
日本 シェアリングエコノミー 市場規模 分野別予測(兆円, 2018-2030)
Uber 月間アクティブユーザー数(億人, 2016Q1-2019Q3)
Lyft アクティブライダー数(万人, 2016Q1-2019Q3)
日本 クラウドファンディング 類型別構成比(%, 2017)
日本 クラウドファンディング 市場規模(億円, 2014-2018)
日本 シェアリングエコノミーサービス 市場規模(億円, 2016-2022)
世界 シェアリングエコノミー 市場規模(億ドル, 2013-2025)
米国 スマホ/タブレットの所有者が主に使用するアプリとは(%, 2019/08)
世界 配車サービスアプリ 利用率(%, 2018Q2-2018Q3)
日本 スキルシェアリングサービス 市場規模予測(億円, 2016-2024)
日本 スキルシェア 市場規模[カテゴリ別](億円, 2016-2024e)
日本 法人型カーシェア市場予測[台数ベース](万台, 2019-2025)
© StatDB 2019