シェアリングエコノミー

シェアリングエコノミーとは、インターネットを介してあらゆる資産を貸し借りすることによって生まれる経済圏・経済循環を意味する。
自動車や物件などのモノ・空間に加え、スキルなどのバーチャルな資産をシェアできるサービスも次々と登場している。

ライドシェアアプリ「Uber」や宿泊プラットフォーム「Airbnb」が世界規模でサービスを展開しており、シェアリングエコノミーという概念そのものを普及する役割を果たしてきた。クラウドソーシングやクラウドファンディングなど、オンライン取引の円滑化がさまざまな領域におけるシェアリングビジネスを加速させている。

統計データ

日本 シェアリングエコノミー市場の現在と潜在的な取引金額[提供側](億円, 2016)
日本 シェアリングエコノミー市場の現在と潜在的な取引金額[利用側](億円, 2016)
日本 シェアリングエコノミー 市場規模[類型別・需給サイド別](億円, 2016)
日本 シェアリングエコノミー 内閣府による市場規模推計[シェアリング類型別](億円, 2016)
中国 シェアリングエコノミー分野の市場規模(兆円, 2018)
中国 シェアリングエコノミー市場 取引成長率[分野別](%, 2018)
中国 シェアリングエコノミー市場 資金調達額[分野別](億円, 2018)
日本 ビジネス系 スキルシェアリングサービス 市場規模(億円, 2016-2024e)
日本 タスク系 スキルシェアリングサービス 市場規模(億円, 2016-2024e)
日本 ライフスタイル系 スキルシェアリングサービス 市場規模(億円, 2016-2024e)
© StatDB 2019