フリーランス

フリーランスとは、特定の企業や組織に所属せず、仕事のペースや内容を働き手自身がコントロールできるような働き方全般を指す。夫婦共働きや副業、そしてインターネットを活用した仕事のオンライン発注など、世界各地で労働環境の自由度は高まっている。

フリーランス先進国と言われるアメリカでは、2019年に労働人口全体の35%となる5,700万人までフリーランス人口が増加した。若い世代ほどフリーランスに前向きで、「Gen Z」世代(18歳〜22歳)のフリーランス比率は53%にのぼるという。

日本でもフリーランスは1,000万人を超える規模にまで拡大しており、経済効果は20兆円に及ぶ。労働人口比は17%とアメリカに比べて低く、伸びる余地は大きいといえる。アメリカのフリーランス市場におけるオンライン化率(オンライン上で受注・納品・報酬受取を完結)は64%あるのに対し、日本は17%程度にとどまっている。「クラウドワークス」や「ランサーズ」といったクラウドソーシングサービスが浸透してきたことから、フリーランスのオンライン化が日本のフリーランス市場を牽引すると期待される。

統計データ

日本 フリーランス 市場規模(兆円, 2015-2019)
アメリカ フリーランス 労働人口(万人, 2014-2019)
日本 自営業者数 分野別(万人, 1985-2015)
クラウドワークス 総契約額(億円, 2012Q2-2019Q4)
ランサーズ 流通総額(億円, 2014-2018)
日本 フリーランス 労働人口(万人, 2015-2019)
日本 雇用的自営等 自営業者数(万人, 1985-2015)
日本 士業等 自営業者数(万人, 1985-2015)
日本 農林漁業 自営業者数(万人, 1985-2015)
日本 製造業 自営業者数(万人, 1985-2015)
日本 小売・卸売主 自営業者数(万人, 1985-2015)
日本 大工 自営業者数(万人, 1985-2015)
日本 飲食店主・旅館主 自営業者数(万人, 1985-2015)
日本 理容師・美容師 自営業者数(万人, 1985-2015)
日本 伝統的自営 自営業者数(万人, 1985-2015)
アメリカ Temporary フリーランス 労働人口(万人, 2014-2019)
アメリカ Long-term フリーランス 労働人口(万人, 2014-2019)
© StatDB 2019